読み込み中

長野の冬の観光情報

長野の冬をもっと愉しもう!スキーだけじゃない☆長野の冬のあそび方

アラウンド長野エリア別

Point

厳しくも美しい自然。長野の冬を愉しむ旅へ。

アラウンド長野エリア別

長野の冬といえば、雪=スキーやスノーボードのイメージが先行しがちですが、実はスキーやスノーボード以外にも、お楽しみがいっぱい。寒冷地ならではの自然の造形美、絶景、星空、イルミネーションなどなど、子供からお年寄りまでだれでも楽しめるスポットを厳選しました。

写真:木曽ふくしま雪灯りの散歩道

寒くとも心温まる
「かまくらの里」(飯山市)

アラウンド長野エリア別

かまくらの里は長野県最北部の飯山市内にあります。飯山といえば、長野県内でも有数の豪雪地帯。
豊富な雪を観光資源として生かそうと、信濃平地区で取り組みが始まり、現在では毎年1月下旬から2月下旬までの約1カ月間、15基から20基程の「かまくら」が立ち並びます。夜は明かりが灯され、その幻想的な雰囲気を一目見ようと、遠方からの観光客も大勢訪れます。


●神様宿る かまくらの里
一面銀世界のかまくらの里。その奥には、なんと、「かまくら神社」があります。
そもそも、かまくらの語源には神坐(かみくら)=神が宿る場所という意味があるそう。
赤い鳥居をくぐってかまくらの内部に入ると、奥にある黒岩山からお迎えしている神様の神棚とお賽銭箱まで用意され、お参りできるのもユニークです。

●かまくらの中でほかほかお鍋に舌鼓
期間限定でオープンする「レストランかまくら村」では、かまくらの中で白菜等の地元産野菜をふんだんに入れた信州味噌仕立ての名物「のろし鍋」を食べることができます。毎年大変な人気で、予約が取れないこともありますので、お食事をされたい方は早めのご予約をお勧めします(予約開始は12月4日~)。

●かまくら祭りへGO!
また、毎年2月の第2土曜・日曜には、「かまくら祭り」が開催され、雪上車・スノーモービル乗車体験、餅つき大会や花火大会などたくさんの面白いイベントが行われます。雪深い飯山ならではの、心温まる冬の風物詩。ぜひ温かい支度でお出かけください。

写真提供:信州いいやま観光局

山頂からのパノラマの絶景に感動!
「スノーキャット」(菅平高原)

アラウンド長野エリア別

「スノーキャット」とは、菅平高原奥ダボススノーパークで運行している雪上車の愛称。無限軌道式トラクター(CAT)と根子岳(ネコ=cat)を掛けた造語です。奥ダボススノーパークでは、南極観測で採用されているものと同タイプの人員輸送用大型雪上車に乗ることができます。
●スノーキャットに乗るために
スノーキャットに乗るためには、まず第一トリプルリフトに乗りゲレンデへ。リフト降り場の目の前にある受付で受付し、乗車します。18人掛けのベンチシートに腰をかけると、いよいよ根子岳へ向かってスタート。車窓には一面の銀世界が広がります。

●感動の銀世界!
雪煙を上げながら坂道を登ること約25分。スノーキャットは、根子岳の頂上直下のヒルトップに停車します。標高2170m、「スノーモンスター」と呼ばれる樹氷がオブジェのように立ち並ぶ白銀の世界。北信五岳・北アルプスの眺めも抜群です。
スノーキャットを降りた後は、ベテランガイドの案内で、根子岳山頂(2,207m)へのプチ登山。登山と言っても、気構えることはなく、スキーウェアとスノーブーツを履いていれば誰でも10分ほどで簡単に行くことができます。

山頂からは、晴れていれば、富士山をはじめ、北・中央・南アルプスの3アルプス、八ヶ岳、日光の男体山、尾瀬の燧ケ岳など日本百名山のうちの30以上の山が見られます。こんなに多くの山が見られる場所は日本中でもここだけだそう。冬の菅平ならではの体験、おすすめです!

神様の恋の路⁉︎
「御神渡り」(諏訪湖)

アラウンド長野エリア別

諏訪盆地の真ん中に位置する諏訪湖。毎年お盆に行われる花火大会で有名です。その湖周は15.9kmと決して大きくはありませんが、長野県では最大の湖。そんな諏訪湖に、冬にしか見られない自然現象があるのをご存知でしょうか?

●「御神渡り」とは?
例年1月頃、諏訪盆地で零下が続くと諏訪湖の結氷が始まり、-10℃前後の日が続くと全面結氷が見られます。さらに寒い日が続くと、氷が厚くなり、氷の厚みが10cm くらいになると、日中と夜間の温度差により氷は収縮と膨張とによって亀裂します。この、氷が裂けた場所が山脈のように隆起した現象が「御神渡り」です。
その名の由来は、諏訪大社の上社から下社へ神様が渡った跡との言い伝えから付けられています。隆起してできた氷の山の高さは30cmから高いところで1.8mにも及びます。最近では冷え込み不足で、御神渡り現象が見られない年もありますが、2018年2月2日から24日まで、5季ぶりに御神渡りが観測され話題になりました。

●神様のロマンス
諏訪大社の御祭神「建御名方神(たけみなかたのかみ)」が夫婦喧嘩をして対岸の下諏訪に行ってしまった「八坂刀売神(やさかとめのかみ)」に会いに通った跡だと伝えられる「御神渡り」。そんな神様の恋路に出会えるのは真冬の諏訪湖ならでは。この絶景に会えるなら、厳しい寒さも辛抱できそうですね。

山麓を彩るイルミネーション
「光の森のページェント」(国営アルプスあづみの公園)

アラウンド長野エリア別

安曇野市と大町市・松川村にある国営アルプスあづみの公園は、北アルプスの麓の雄大な自然を生かした公園として子供から大人まで親しまれています。2018年からは子供(中学生まで)の入園料が無料になり、ファミリーがより利用しやすくなりました。

●二つの日本一!
この公園の冬の目玉は、堀金・穂高地区と大町・松川地区の2会場で同時開催されるツインイルミネーション。2018年は「アルプス一千の煌めき」をテーマに、堀金・穂高地区では日本最長500mの「光のトンネル」が、大町・松川地区では、日本最多500個の「光のハート」が夜の森に煌めきます。
期間中は、イルミネーションだけでなく、ステージショーやクラフト体験などのイベントも多数。
イルミネーションの点灯時間は、16:00~21:00まで。大切な人と、冬の思い出作りにお出かけください。
※写真は大町・松川地区のイメージ

写真提供:国営アルプスあづみの公園

まるで芸術作品!
「白川氷柱群」(木曽町)

アラウンド長野エリア別

雄大な御嶽山の麓の美しい農村風景と、深く刻まれた木曽谷を通る中山道の要として、いにしえより政治・経済・文化の中心地として栄えた町・木曽町。

●厳冬期だけの天然のアート
木曽町で見られる冬ならではの自然現象が「氷柱」です。凍るのは滝ではなく、崖の岩肌からつたった御嶽山からの清水。厳しい寒さが生み出した「白川氷柱群」は、最大で幅250m、高さ50mにもなり、その様子はまるで「氷のカーテン」のよう。このまさに、自然の造形美にお目にかかれるチャンスは、毎年1月中旬頃~2月中旬頃まで。17:30~21:30まではライトアップされてその美しさが一層際立ちます。

●氷雪キャンドルが木曽路をライトアップ
また、毎年1月下旬から2月上旬にかけて、木曽路では中山道の宿場の町並みを氷雪キャンドルで灯すライトアップイベントが行われます。木曽町では2月1日(金)・2日(土)に「木曽ふくしま雪灯りの散歩道」が行われ、JR木曽福島駅から、日本四大関所のひとつ福島関所までの約2kmの区間が住民手づくりの氷のキャンドルで彩られます(点灯時間18時~20:30頃まで)。
氷柱群の見学と合わせて、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
詳細は、木曽ふくしま雪灯りの散歩道ホームページでご確認ください。
http://www.hundred-years.com/

写真提供:木曽町観光協会

天空の楽園
「Winter Night Tours STARS BY NAKED」(阿智村)

アラウンド長野エリア別

美しい星空の村「スタービレッジ阿智」として知られる南信州・阿智村。
標高1400mから満点の星空が楽しめる富士見台高原ロープウェイヘブンスそのはらの「天空の楽園 ナイトツアー」が有名です。

●美しい星空と光の共演
2016年12月からは冬季限定の星空体験型エンターテイメントパーク「Winter Night Tours STARS BY NAKED」がオープン。プロジェクションマッピング等の光と映像が楽しめる「スペースコロニー」で「星」と「宇宙」を様々な視点から観賞し、体感することができます。もちろん、自らの手で望遠鏡を操作しながらリアルな天体観測も可能。満点の星空と未知の体験に出会いに、出かけましょう。
※ゴンドラには乗車しません。

写真提供:阿智☆昼神観光局

まだまだいっぱい!冬のお楽しみ

アラウンド長野エリア別

スキーだけじゃない、長野の冬のあそび方は、いかがでしたか?
この冬、ご家族やご友人と出かけたい場所は見つかりましたか?
今回ご紹介した以外にも、長野県内では冬ならではのイルミネーションイベントなどが多数あります。
ぜひ下記のリンクからチェックしてみてください。

写真:国営アルプスあづみの公園(堀金・穂高地区)

Access

かまくらの里

長野県飯山市寿
TEL. 0269-62-3133(一般社団法人 信州いいやま観光局 平日 8:30~17:15)

  • 電車でJR飯山駅または戸狩野沢温泉駅からタクシー25分
  • 車で上信越自動車道豊田飯山ICより25分

2019年1月25日(金)~2月28日(木)【宿泊プラン】10/2受付開始、【レストランかまくら村】12/4受付開始

奥ダボススノーパーク

上田市菅平高原1223-3307
TEL. 0268-74-3009(管理センター)

  • 電車でJR上田駅から上電バス「菅平高原行」で約55分
  • 車で上信越自動車道上田菅平I.Cから約30分
諏訪湖

諏訪市及び下諏訪町
TEL. 0266-52-4141(諏訪市役所観光課)または0266-26-2102(下諏訪観光協会)

  • 電車でJR中央本線上諏訪駅下車 徒歩8分または下諏訪駅下車徒歩約15分
  • 車で中央自動車道諏訪ICから約15分または岡谷ICから約10分
国営アルプスあづみの公園堀金・穂高地区

安曇野市堀金烏川33-4
TEL. 0263-71-5511

  • 電車でJR大糸線穂高駅または豊科駅下車タクシー15分
  • 車で安曇野ICから 7km 20分

開催期間:2018年11月3日(祝)~2019年1月6日(日)・1月12日(土)~14日(祝)

国営アルプスあづみの公園大町・松川地区

大町市常盤7791-4
TEL. 0261-21-1212

  • 電車でJR大糸線信濃大町駅下車 タクシー 20分
  • 車で安曇野ICから 30km 40分

2018年11月3日(祝)~2019年1月6日(日)

白川氷柱群

木曽郡木曽町三岳井原2388−1付近
TEL. 0264-22-4000(木曽おんたけ観光局 木曽町観光協会)

  • 電車でJR中央本線木曽福島駅下車 →タクシー 30分 →徒歩 1分
  • 車で中央自動車道伊那I.Cから 65分 →徒歩1分
富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら

下伊那郡阿智村智里3731-4
TEL. 0265-44-2311(9:00~18:00)

  • 車で中央自動車道飯田山本ICより約25分または園原ICより約6分

天空の楽園 Winter Night Tours STARS BY NAKED
開催期間:2018年12月10日(月)-2019年03月31日(日)
営業時間;19:00-22:00(チケット販売開始時間 18:45)
料金:大人2,200円 小人1,000円 幼児無料

斜線イメージ
この記事に関連するプラン
天空のパノラマ 冬の菅平を楽しむスノーキャットツアー【マイカープラン(現地集合)】
おとな 3,700
信州の冬の風物詩Wスノーを楽しむタクシープラン「スノーキャット&スノーモンキーの旅」
おとな 15,800〜16,800
【旅タク・木曽観光タクシー】神秘の白川氷柱群と木曽馬の里半日コース
おとな 7,500
アラウンド長野斜線イメージ
この記事を読んだあなたにおすすめ
「スノーキャット」に乗って冬の絶景を見に行こう!
長野の日帰り温泉をお得にめぐる旅。
長野で「温泉に入るサル」はどこにいる?
TOP