さわやか信州.net

あるくま   あるくま あるくま

RSS
英語 ハングル 中国語 中国語 タイ語
観光地検索
文化・歴史

[検索キーワード]

  • "文化・歴史"
  • "街道を歩く"
1-10 / 96件 (1) 2 3 4 ... 10 »

馬籠宿 長野県外

文豪「島崎藤村」のふるさとであり、小説「夜明け前」の舞台でもある馬籠宿は、木曽11宿の最南端、美濃との国境にあり、山の斜面に沿った全長600mあまりの「坂に開けた宿場」です。

中津川市馬籠
[TEL]
0573-69-2336

map
写真

上町 上松町

数度の大火にも不思議と焼け残り、昔の宿場の面影が残っている町並みは町内ではこの付近だけとなっています。

上松町上町
[TEL]
0264-52-1133

map
写真

中山道 上松町

福島宿より沓掛一里塚を過ぎると上松宿に入る。中山道の難所・木曽の棧、宿場跡が残る上町、檜一本首一つで知られる尾張藩材木役所跡、木曽八景の浮世絵にもなった寝覚の床や小野の滝を見ながら須原宿へと続く。

上松町
[TEL]
0264-52-1133

写真

浪合宿 阿智村

 江戸時代、伊那郡と東海地方を結ぶ道は、伊那街道が中心であった。伊那街道は三州街道とも呼ばれ、戦国時代に武田信玄が大改修をして便利な街道になった。運送業者である中馬の往来が多かったので、中馬街道とも呼ばれた。
 浪合宿は、飯田城下への距離や寒原峠・治部坂峠にはさまれた場所という条件から、中馬や旅人が宿泊する場所だった。宿場には、馬を休ませる場所や人が休んだり泊まったりする宿屋もあり、たいへんにぎ...

阿智村浪合
[TEL]
0265-43-2220

map
写真

出づくり石垣の民家 阿智村

出作りとは、農繁期に自宅を離れ山の農地へ移り住む伝統農法。今は数少ないが、そのおもかげは残っています。

阿智村清内路
[TEL]
0265-46-2001

写真

駒場宿の町並み(旧銭湯屋付近) 阿智村

駒場町並みは、上町付近と旧銭湯屋付近に当時の面影を残しています。上町は駒場宿の雰囲気が残り、旧銭湯屋付近は明治大正の建物が集まり路地裏も残っています。

阿智村駒場
[TEL]
0265-43-2220

map
写真

保高宿 安曇野市

松本宿から数えて3番目の宿駅です。通りには今でも民家や商店など大正ロマン風の建物が随所にあり、当時の面影を残します。また、個性ある土蔵群も見ることができます。

安曇野市穂高
[TEL]
0263-71-2000

map
写真

千国街道 安曇野市

豊科市街東郊の法蔵寺は成相新田宿の旦那寺として慶長16年に移設され、長野県宝の山門で知られています。千国街道は成相新田宿で熊倉道と松本街道に分岐して松本に向かいましたが、周辺には吉野町館等戦国武将の居館址が散在しています。

安曇野市
[TEL]
0263-71-2000

写真

上村上町 飯田市

秋葉神社詣の信仰の道・秋葉街道の宿場町。街道沿いに軒を接する家並みに当時の面影が偲ばれます。

飯田市上村上町
[TEL]
0260-36-2211

map
写真

りんご並木と三連蔵 飯田市

日本の道100選・かおり風景100選に選ばれた並木道。飯田東中学校の生徒により60年以上守り育てられています。三連蔵は、昭和22年の飯田大火で焼け残った貴重な建物。
りんご並木近くには川本喜八郎人形美術館もあります。

飯田市通り町
[TEL]
0265-22-4851

map
(1) 2 3 4 ... 10 »

[広告]

オンライン予約・ショップ

楽たび信州 NAGANOマルシェ