さわやか信州.net

あるくま   あるくま あるくま

RSS
英語 ハングル 中国語 中国語 タイ語
観光地検索
文化・歴史

[検索キーワード]

  • "文化・歴史"
  • "伝承文化に触れる"
1-10 / 201件 (1) 2 3 4 ... 21 »
写真

壁塗り踊り 青木村

上田城の築城時、壁工事に携わった青木村の若者によって生まれ、それを郷土芸能として現在まで受け継がれています。

青木村当郷
[TEL]
0268-49-0111

map
写真

青木村義民太鼓 青木村

江戸時代、庶民の困窮を救うため己の死を覚悟で圧政と戦った義民の姿を力強く表現。その演奏は心をうつ。

青木村
[TEL]
0268-49-0111

写真

若宮神社例祭(獅子狂言) 上松町

この神社は駒ケ岳神社の若宮で、西小川集落のお祭です。
獅子狂言、奉納神楽などが執り行われ、中でも「葛の葉」は一見の価値があります。
獅子狂言は町の無形文化財に指定されています。

上松町島
[TEL]
0264-52-1133

map
写真

太々神楽 上松町

駒ヶ岳神社里宮の例祭において、太々神楽は登下山や信者の祈願奉納として行われてきました。
舞の種類は13座あり、県民俗無形文化財に指定されています。
中でも、「四神五返拝」「三剱舞」は迫力があり必見です。

上松町東里
[TEL]
0264-52-1133

map
写真

木曽踊り 上松町

日本の代表民謡として広くその名を知られている木曽節。
「正調木曽踊あげまつ保存会」を中心に踊りが披露されます。
太鼓や三味の入らない素朴で優雅な歌声と軽快、簡明、温雅な踊りを楽しめます。

上松町
[TEL]
0264-52-1133

map
写真

諏訪神社例祭 上松町

諏訪神社例祭の前夜、芸習い(げいざらい)という獅子狂言、獅子を女形とした古くから伝わる地歌舞伎が披露されます。
演目はその年々で変わります。

上松町上町
[TEL]
0264-52-1133

map
写真

木曽材木工芸品 上松町

木曽五木を素材として作られる小木工芸品で、箱物類・桶樽類・ネズコ製品などを製作している。


[TEL]
0264-52-5500

写真

木賊獅子 阿智村

柔和な顔立ちと穏やかな所作に特徴のある「牝獅子」と呼ばれるもので、県下でも数少ない型式のものです。

阿智村智里
[TEL]
0265-44-2305

写真

元禄義士踊り 阿智村

明治20年頃、旅の役者から習い覚え、中関の青年の手により明治、大正、昭和と踊りつがれてきました。

阿智村春日
[TEL]
0265-43-3269

写真

浪合念流太鼓 阿智村

剣道の源である、慈念和尚を讃える太鼓として、村の祭りや、イベント等に参加し、村の若者がたたいています。

阿智村浪合
[TEL]
0265-47-2001

(1) 2 3 4 ... 21 »

[広告]

オンライン予約・ショップ

楽たび信州 NAGANOマルシェ