さわやか信州.net

あるくま   あるくま あるくま

RSS
英語 ハングル 中国語 中国語 タイ語
観光モデルコース

ホーム>

> 観光モデルコース > 椋鳩十と藤の銘木を訪ねて

椋鳩十と藤の銘木を訪ねて

写真 児童文学作家、椋鳩十のゆかりの地をめぐるとともに、阿島の大藤や泉龍院の三色藤などの銘木を訪ねてみませんか。少し足をのばして白いベールにつつまれる不動滝へもお出かけください。
アイコン
出発地
飯田IC
矢印

移動時間 約19分
距離 約9km

QRコード
red11

喬木村

椋鳩十記念館

写真 児童文学者「椋鳩十」の出身地である当村ゆかりの資料を展示しています。
周辺のおすすめ情報
写真 当地を治めていた知久氏の陣屋内に建てられた、二階建ての茶室。 予約してご利用下さい。詳細情報へ
写真 長さ2m近い大藤で、1000㎡に12本植えられており、古いものは樹齢400年になります。紫、白、ピン...詳細情報へ
矢印

移動時間 約15分
距離 約5km

red12

豊丘村

壬生沢不動滝

写真  滝の落差は15m。不動尊を祀ることが名称の由来で、その名にふさわしく、しぶきを上げて一直線に流れ落ちる水の様は勇壮です。 幕末に活躍し「勤王の母」と呼ばれた豊丘村の偉人、松尾多勢子の歌碑もあります。  駐車場から遊歩道を5分ほど歩きます。
周辺のおすすめ情報
写真 壬生沢諏訪神社の普請中、一時この石の上に明神様を祀った事に由来。神社向いの小丘に玉垣囲いで祀ります。詳細情報へ
写真  「立てばしゃくやく…」古来からそう例えられるほどに、純日本的な美しさに目をみはります。改良を重ねら...詳細情報へ
矢印

移動時間 約25分
距離 約9km

red13

豊丘村

泉龍院

写真  室町中期、物外性応禅師により開山。室町時代~江戸時代にかけての仏像・庭園・山門等が古刹の風格を漂わせます。  泉龍院山門は文政元年戊寅(1818)11月、第26世快芳悦厳和尚の時に建立されました。間口7.2m、奥行6.3m、高さ12.8mの二層楼で、各礎石の上に12本の丸柱を立て、大斗をのせ、三手先の斗組によって楼上の桁を受けています。  境内の三色藤も有名で、甘い香りと共に白・紫・桃の三色の花が咲き誇る様は見事です(見頃は5月)
周辺のおすすめ情報
写真 甘い香りと共に白・紫・桃の三色の花が咲き誇る様は見事です。 泉龍院山門は村指定文化財ともなっており...詳細情報へ
写真 由来は表面の大きな手形から。国造神話の神の争いによるとも言われ、神霊の宿る石として祀られています。詳細情報へ
矢印

移動時間 約15分
距離 約7km

到着地
松川IC
※表示されている時間、経路などはあくまで目安のものです。
実際と異なる場合がありますので、ご注意ください。

[広告]

オンライン予約・ショップ

楽たび信州 NAGANOマルシェ