長野県の合宿施設検索サイト 長野県合宿ガイド

HOME 市町村紹介

北信濃エリア 日本アルプスエリア 東信州エリア 諏訪エリア 伊那路エリア 木曽路エリア
飯綱町
飯山市
斑尾高原、戸狩温泉、北竜湖、飯山市街などの宿泊エリアと約180軒の宿泊施設があり、ニーズに応じた受入が可能。総合病院をはじめとする安全管理施設が、飯山市街に整備されており、万が一の場合にも迅速な対応が可能。平成26年度には北陸新幹線・長野~金沢間が開通し、「飯山駅」が誕生。全国各地からアクセスがぐっと便利になります。
小川村
小布施町
木島平村
栄村
坂城町
上信越自動車道坂城ICから約5分、国道18号線からも約2分の場所に施設が集中してある。坂城町内にびんぐし湯さん館(日帰り温泉)があるため、合宿後に汗を流すことが可能。また、町内に宿泊施設はないが、上田市、千曲市(戸倉上山田温泉)に隣接しているため、30分圏内に宿泊施設が多くある。
信濃町
須坂市
長野市・上田市に隣接し、市内にインターチェンジがあるなど、交通アクセスが良好。菅平高原に隣接する「峰の原高原」は夏でも平均気温が19℃と清涼な環境、高地トレーニング用のクロスカントリーコースが開設されている。日帰り温泉「湯っ蔵んど」は大規模温泉施設で、多くの利用者に好評を得ている。
高山村
最寄りのインターからも近く、標高差もあり、夏は涼しい高原で宿泊も可能。泉質の違う温泉が8か所あり、ほとんどの宿泊施設が温泉完備。また、アンチエイジングに力を入れており、健康志向の村。
千曲市
千曲市は、長野県北信地域の南東部に位置し、西は冠着山(かむりきやま)、東は鏡台山をはじめとする山地に囲まれています。そのほぼ中央を、東南から北東に大きく曲がりながら千曲川が流れています。千曲川を挟んで両岸には平坦部が広がり、北は善光寺平に接しています。標高の最高地点は大林山で1333m、最低地点は雨宮起坂下ノ割の水田353mです。
現在、市の北部には、首都圏と北陸圏を結ぶ上信越自動車道と、中央自動車道につながる長野自動車道が結ばれる更埴ジャンクションがあり、高速交通網の要の役を果たしています。
中野市
市内には上信越自動車道信州中野インターチェンジと豊田飯山インターチェンジの2つのインターチェンジがあり、北信州の中心都市として交通の利便性に恵まれています。
長野市
・オリンピック開催都市であり、国際大会も視野に入れた施設が多くあります。
・清涼な気候であり、夏、秋の合宿に最適。また、冬は市内より車で40~60分の場所に飯綱高原と戸隠スキー場があります。
・標高差やアップダウンを生かし、長距離ランナーや自転車競技のトレーニングにも最適です。
野沢温泉村
オリンピックや多くの国際大会を開催しておりスキーやボードに関してはその受け入れ態勢が充実している。清涼な気候であり、夏、秋の合宿に最適。標高1200m以上の上ノ平高原を利用した高地トレーニングができる。標高差やアップダウンを生かし、長距離ランナーや自転車競技者のトレーニングに好評。練習の後は、温泉によるリフレッシュができる。
山ノ内町
朝日村
安曇野市
北アルプスの山麓に広がるのどかな田園地帯「安曇野」は、臼井吉見の小説で描かれ、NHK朝の連ドラ「おひさま」の舞台にもなりました。海抜500~700mの概ね平坦な扇状地で昼夜の寒暖差が大きく、年間降水量も1000mm程度と比較的降水量の少ない内陸性気候です。山奥の秘湯から新設温泉まで民間、公営の日帰り温泉施設が多く点在し、それぞれ好評を博しています。田園が広がる平坦地から緑豊かな中山間地まで恵まれた自然環境と地理的特性を生かし、長距離ランナーや自転車競技者のトレーニングに適しています。
生坂村
池田町
大町市
大町市では、運動場や体育館以外にも、豊かな自然の中で自転車やトライアスロンなどを行えます。
また温泉付きの民宿・旅館が数多くあるため、疲れを癒しながらの合宿に最適です。
市内に市立大町総合病院があり、緊急時にはドクターヘリの要請も迅速に行えるため、安心してスポーツを楽しめます。
小谷村
麻績村
長野自動車道麻績ICから車で約3分の場所に麻績村総合運動場、麻績村体育館がある。施設の希望は小さいが、麻績ICから車で約15分の標高1000mの聖高原にも体育館、運動場があり、夏場は涼しい。
塩尻市
筑北村
県内の主要都市、長野市、松本市、上田市、安曇野市等に囲まれた原風景が残る自然豊かな筑北村。
白馬村
白馬村は標高750mほどに位置しているため、夏でも冷涼な気候です。
冬は、豊富な雪と特色あるスキー場があるので、目的に合った合宿ができます。
松川村
松本市
【松本市】
・清涼な気候、スキー場2カ所、16の温泉地、高原多数あり

【乗鞍高原】
・乗鞍高原は天空の別天地、白濁した温泉が魅力です。また、シーズンを通して大自然を満喫でき、日本屈指のパウダースノー、バックカントリーでの滑走も魅力です。
山形村
青木村
青木村は、三方を山に囲まれた山間地帯にあり夏は比較的涼しい気候で、年間降水量も極めて少ない所でもあります。村内には田沢温泉と沓掛温泉の2つの温泉があり、宿泊先の各旅館では温泉が楽しめます。旅館宿泊者(合宿の団体)は優先的に村の体育施設等を優先予約を受けており、各旅館では体育施設まで送迎も行っております。運動施設へは宿泊先から車で約10分ほどの距離にあります。
上田市
昭和6年のラグビー合宿誘致から始まった菅平高原の合宿受入は、現在夏季においてはラグビー・サッカー・テニス・陸上のアスリートの皆さんが利用されています。冬期もアルペンスキーは人工雪で基礎を造ったコースは12月下旬から可能です。クロスカントリースキー合宿も、サニアパーク内に1~3kmのコースを常設、1300mの準高地で心肺機能が強化できます。一部を除くほぼすべてのスポーツ合宿及び文科系の合宿に対応可能です。
軽井沢町
・世界で初めて春夏通じて五輪会場となった都市であり、ナショナルチームの練習拠点となっているカーリング場やフィギュアやアイスホッケーを行えるアイスアリーナ、国際大会が開催されているテニスコートなどスポーツ施設は充実しています。
・夏の平均気温が約20℃と清涼な気候であり、勉強合宿に適しています。
川上村
標高が1,200m~1,500mあり、夏は清涼な気候となっている。湿度が低く、夏の最高気温も30度を超えることが少なく、スポーツを行うのに非常に適した気候条件となっている。標高の高さから身体能力機能の強化には適地である。
北相木村
夏の合宿に最適な涼しい高冷地で、体育館はバレーボールコートが2面とれます。
小海町
小諸市
清涼な気候であり、夏、秋の合宿に最適。
佐久市
佐久市は、北を浅間山、南を八ヶ岳連峰、西を蓼科山、東を荒船山といった名峰に囲まれ、南北を豊かな水をたたえた千曲川が貫流する、大自然に囲まれた都市です。高原特有の昼夜の寒暖差の大きさや降水量の少なさなど、その気候も特徴的で、特に年間を通した晴天率の高さや日照時間の長さは、国内でもトップクラスです。
また、都市部からのアクセスの良さ、医療環境の充実などの特長を生かし、人、モノ、情報が集う拠点づくり、また文化・スポーツなどによって様々な地域の人々が集い、交流する拠点づくりを目指して、にぎわいと活力に溢れるまちづくりを推進しているところです。
佐久穂町
立科町
・真夏でも清涼な気候のため、夏・秋のスポーツ合宿におすすめ。
・標高1530mのため高地トレーニングに最適。
・冬は、晴天率80%のスキー場で目的に合った合宿におすすめ。
東御市
長和町
南相木村
標高1000m前後の高冷地であり、涼しい気候のため夏の合宿に最適。高地トレーニングにも適している。
南牧村
標高1,300mで準高地トレーニングに最適。夏は涼しくスポーツ合宿には最適な場所です。夏合宿では、フィギュアスケート・スピードスケート・マラソン(駅伝)・弓道・野球など様々な競技者この野辺山に集います。フィギュアスケートでは、全国有望新人発掘合宿が行われ、将来有望な選手がここから世界へと飛び立っています。
御代田町
浅間山の麓にあり、冷涼な気候で夏でも過ごしやすく、スポーツに適した環境です。
岡谷市
岡谷市は、長野県のほぼ中央に位置し長野県最大の湖「諏訪湖」に接したまちです。スポーツ施設も優先的に予約も可能です。また、やまびこスケートの森ではジュニア選手の育成・強化、アスリートの競技力向上を目指した総合的トレーニングシステムや、スポーツ医・科学の見地からそれぞれの分野のスペシャリストが合理的且つ効果的に皆様の競技力向上をバックアップ致します。
下諏訪町
下諏訪町内の宿泊施設から町内の各体育施設等へのアクセスも徒歩圏内20分。合宿受入は30年前から行っており、体育施設、病院等が整っており、20-30名くらいで貸切宿泊施設も多数あります。宿泊施設はすべて温泉で疲れた体を癒してください
諏訪市
長野県最大の湖「諏訪湖」と勝負の神様を祀る「諏訪大社本宮」を有し、さらに上諏訪温泉として全国でも有名な諏訪市は、東京からのアクセスが2時間強、また、中央自動車道経由で名古屋からも2時間程度でアクセスできます。上諏訪温泉街(諏訪湖湖畔近辺)にはホテル、旅館、民宿などの温泉宿が集まり、これらの宿から市街体育館施設へは車で約10分以内の立地条件にあります。また高地トレーニングに最適といえる標高約1500mから約1900mに位置する霧ヶ峰高原には、陸上に適した運動場があると共に、疲れた体を癒す”温泉”や”自然”のある全国でも有名な観光地です。合宿の最後は「諏訪大社上社本宮」で必勝祈願をしてみてはいかがでしょうか。
茅野市
平成24年4月に陸上競技場400mトラックが県内初のブルートラックを採用した全天候型のウレタン舗装にリニューアルされた。運動公園に施設が集中していることから、複合的なトレーニングを行うことができる。温泉のある宿泊施設や公共の温泉施設が市内に点在し、疲れた体を癒すことができる。
原村
東京や名古屋から高速で約2時間という好立地。(最寄りのICから約10分)
標高900m~1300mに位置し、夏は涼しく合宿を行うには最適。
富士見町
小淵沢ICから10分、諏訪南ICから15分と東京、名古屋、大阪からのアクセスに優れ、標高1200mの冷涼な気候から、夏季を中心にスポーツ合宿が行われているエリア。特に陸上はロンドン五輪代表の藤原選手や室伏選手などスポンサーのつかない選手が長期間トレーニングしやすい環境が整っている。マラソン用クロスカントリーコースは自慢の一つ。前佐久長聖高校陸上部監督で東海大学駅伝部監督の両角氏や長野東高校陸上部監督の玉城氏からの指導の下ウッドチップ敷きのコースを整備し、足腰の負担が少ないことから、特に成長期の高校生中学生から好評をいただいている。また、周囲をカラマツ林に囲まれていることから、風の影響が少なく4月から11月と長期に渡り利用できることも魅力となっている。宿泊施設も多種多様。予算にあわせて選択ができる。自炊となる貸別荘も大学駅伝部などに好評。カロリーコントロールなど自炊の欠点を補うことができる。周囲に人家の少ない点は吹奏楽や和太鼓など大音量を発する合宿にも対応できる。アウトドア用車いすや自動運転カートにより誰でも登れる創造の森展望台は、自然体験学習コースとして中高生に利用されている。
上松町
王滝村
王滝村は、長野県の最西端にあり、木曽御嶽山(標高3,067m)の南山麓に位置しています。総面積は310.86k㎡で、その約96%が森林で占められています。この深く広大な森林は澄んだ水を育み、愛知用水として濃尾平野から知多半島まで給水され、多くの人々の生活を潤してきました。
村の中心地の標高が920~940mで、年間平均気温は約10℃と冷涼な環境のため、夏・秋の合宿に適しています。また、冬には村内のスキー場でスキー合宿も出来ます。
大桑村
木曽川と木曽ヒノキの山々に囲まれた大桑村。綺麗な水と空気で心も体もリフレッシュ。大桑村スポーツ公園・村民体育館は国道19号から車で1分と非常にアクセスが良く、近くにコンビニ・コインランドリーもあり。   
◆中央道:中津川IC~国道19号…約45分
◆中央道:伊那IC~権兵衛トンネル~国道19号…約70分
木曽町
木祖村
南木曽町
阿智村
阿南町
飯島町
 南信州・飯島町は伊那谷のちょうど真ん中に位置し、車で東京から約3時間半・名古屋から約2時間の場所にあるので、行き来もスムーズ。
 標高550m~850m前後の居住エリア(盆地)には河岸段丘が形成され、特に昼と夜の気温の日格差が大きいのが特徴で、練習に集中できる滞在環境が整う、文武両道の合宿最適地です。
 中央アルプスと南アルプスに囲まれた “ふたつのアルプスが見えるまち”に象徴される雄大な自然環境の中で、各競技のレベルアップを目指しませんか?いいじま町で思いっきり、いい汗を流してくださいね!
飯田市
伊那市
2つのアルプスに抱かれた自然共生都市、人と歴史と文化を育む 活力と交流の美しいまち
平成18年3月31日に伊那市・高遠町・長谷村が合併して新「伊那市」として誕生しました。長野県の南部に位置し、南アルプスと中央アルプスの2つのアルプスに抱かれ、市の中央部を天竜川と三峰川が流れる豊かな自然と歴史・文化が育まれた自然共生都市です。
売木村
大鹿村
駒ヶ根市
下條村
喬木村
高森町
辰野町
中央自動車道で関東圏から3時間、中京圏から2時間、伊那ICからスポーツ公園まで5分というアクセスの良さ
荒神山スポーツ公園内に各体育施設が集積し、併せて2件のホテルが営業しているため、宿泊施設から体育施設への移動が徒歩10分以内で可能
町立辰野総合病院(内科、外科、整形外科、小児科、耳鼻科、眼科、皮膚科)まで10分(急患は随時受付可)
天龍村
豊丘村
中川村
中川村は上伊那郡の最南に位置し、村の真ん中を南北に天竜川が流れ、東西は中央アルプスと南アルプスの峰々に囲まれた小さな農村です。
村のシンボル『陣馬形山』からの眺望は絶景で、山頂まで林道が整備されており、夏、秋は高原の過ごしやすい気候の中でのトレーニングに最適です。また、農村景観の維持向上に努め「日本で最も美しい村」連合に加盟しておりますので、自然の中で気持ち良く汗を流していただけます。
体育館、グラウンド、文化センターなどが一箇所に集中しており、天候に左右されず利用が可能な屋内練習場も併設されております。
根羽村
平谷村
松川町
南箕輪村
箕輪町
・清涼な気候であり、夏、秋の合宿に適している。また公共の屋内施設があり、天候に関係なくテニス・フットサルができます。
・標高差やアップダウンを生かし、長距離ランナーや自転車競技者のトレーニングにも適しています。
宮田村
南信州の中心で、中京圏、首都圏ともに中央自動車道(駒ケ根ICから5分)からのアクセスが良いので、お気軽にご利用いただけます。
非常にコンパクトな村で、2体育館と野球場、グランド、テニスコート、人工芝屋内体育館、武道館などが近い距離にあるので移動が便利!
周辺にある温泉施設や自然観光施設でリラックス&リフレッシュも!

また宮田村内に宿泊してスポーツ・文化合宿を実施しますと「最高10万円」の補助金を交付しています♪詳しくは宮田村観光協会ホームページ( http://kankou.vill.miyada.nagano.jp/syokuyasumu/%E5%90%88%E5%AE%BF%E8%A3%9C%E5%8A%A9%E5%88%B6%E5%BA%A6/ )をご覧ください。
泰阜村
ページTOPへ