読み込み中

長野・夏休みにおすすめの星空スポット

夏の星空、長野の星空。宇宙とつながる夏の長野トリップ。

アラウンド長野エリア別

Point

星と宇宙に近づく長野の旅へ。

アラウンド長野エリア別

手つかずの自然が残り、平均標高が日本一の長野県。
多くの天文研究施設やプラネタリウムがあり、「長野県は宇宙県」というスローガンもあるほど。長野県内には、美しい星空で有名な阿智村や南牧村だけでなく、天気の良い夜に、少し人里を離れれば、満天の星空が広がる場所がたくさんあります。
星座や流れ星の美しさはもちろん、宇宙の神秘を感じられるのが、星空。

ご家族、恋人、大切な仲間と過ごす夏休み。
美しい星空が見られる長野県で、宇宙を感じる旅をしてみませんか?
長野県ならではの“宇宙とつながる”星空スポットと、おすすめのイベント情報をご紹介します。

はじまりは、日本一標高が高い駅。

アラウンド長野エリア別

旅の起点は、標高1345.67m「JR線最高駅」として知られるJR小海線の野辺山駅。
野辺山駅まで、新宿または名古屋方面からなら中央本線小淵沢駅で下車し、小海線に乗り換え。小淵沢から野辺山までは約33分です。

駅を降りるとまず迎えてくれるのが、八ヶ岳連峰の雄大な山並み。
標高が高い野辺山高原は、空気中の水蒸気量が少なく、星空が特に美しく見えることから、「日本三選星名所」の一つにもあげられています。
高原の爽やかな空気をたっぷり吸ったら、国立天文台野辺山宇宙電波観測所へ向かいましょう。
タクシーは常駐はしていないので、事前にお電話でのご予約が必要です。
駅の横にある観光案内所でレンタサイクルもできます(3時間1,000円)。

野辺山観光案内所 TEL.0267-98-2091

「国立天文台 野辺山宇宙電波観測所」で宇宙を感じる。

アラウンド長野エリア別

●シンボルは45m電波望遠鏡
その入り口に立つと、一際目を引くのが、巨大なパラボラアンテナ。口径45m。宇宙のあらゆるものが出す、目には見えない電波を捉える電波望遠鏡です。

野辺山は、空気中の水蒸気量が少ないだけでなく、人工の電波も少ないことから、宇宙電波観測の最適地として選ばれ、1982年に観測所が建設されました。
1994年には巨大なブラックホールが発見されるなど、45m電波望遠鏡をはじめ、太陽電波強度偏波計などの観測装置を駆使して、日夜、未知の宇宙を切り開く研究が行われています。

●天文学の魅力をより多くの人に
そんな最先端の研究が行われている観測所の素晴らしい所は、施設の一部を一般公開しているところ。
「観測所の装置や活動、天文学の最新の成果をできるだけ多くの人々に知ってもらいたい」
との想いから、構内に見学コースが設けられ、だれでも自由に見学することができます(12月29日~1月3日休業)。

見学コース内の観測装置を見られるだけでなく、随所に研究に関するわかりやすい解説パネルが設置されているので、宇宙に関する新たな知識も得られます。お子様の夏休みの自由研究のテーマもきっと見つかるはず!

●年に一度!特別公開
さらに、年に一度、普段は公開されていない研究所内の特別公開が行われています。
最新の機器を使った研究室の様子や研究成果を研究員が案内してくれるだけでなく、宇宙に関する講演会も企画されています。ご興味のある方は、ぜひお出かけください。

★特別公開 2018★
8月25日(土) 9:30〜16:00(入場は15:30まで)
入場無料・雨天決行・上履き持参

「うすだスタードーム」で天体を観る。

アラウンド長野エリア別

●星空をちゃんと観たいあなたへ
野辺山宇宙電波観測所で宇宙に想いを馳せたら、ぜひ、夜の星空も見たいもの。
野辺山周辺の宿泊施設でじっくりと夜を待つのもよいですが、せっかくなら望遠鏡で星を観たいという方は、野辺山駅から再び小海線に乗り、臼田へ向かいましょう。
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の臼田宇宙空間観測所がある佐久市(旧臼田町)は、野辺山同様、美しい星空が見られることで知られています。

●だれでも気軽に天体観測
臼田駅を下車し、タクシーで15分。佐久市の天体観測施設「うすだスタードーム」は、口径60cm反射望遠鏡をメインに本格的な天体観測ができる施設です。
天体観測と言っても、予備知識は必要なく、係の方が説明してくれるので、誰でも気軽に楽しめます。予約は不要で夜22時まで(入館は21時まで)開館しているので、天気が良い夕方を狙って、立ち寄れるのもよいところです。
天候により星が見られない場合は、星空のスライドショーが楽しめます。

●親子で楽しめる夏のイベント
夏休み中は、親子で参加できる楽しいイベントもたくさん企画されているので、ぜひお出かけください!

★夏のイベントスケジュール★
7月25日(水)〜29日(日) 天体写真体験週間「スマホで星を撮ろう!」(土星)
7月31日(火)火星観望会
8月1日(水)〜5日(日)スターウィーク観望会
8月12日(日) ペルセウス座流星群観望会
8月18日(土) おもしろ教室「望遠鏡を作ろう!」

写真提供:うすだスタードーム

【番外編】星空の下で映画を観る。

アラウンド長野エリア別

星を見るのも好きだけど、映画も好き!というあなたに、おすすめのイベントがこちら。

★星空の映画祭
八ヶ岳南麓、原村。星空の下に、夏の間だけ開館する映画館があります。会場は、標高約1300m、八ヶ岳自然文化園内の野外ステージです。
2018年で33回を数える原村の夏の風物詩「星空の映画祭」は、毎年7月下旬から8月中旬の約3週間にわたって行われます。
天気の良い日も悪い日も、星空の下で映画を観るという、非日常の空間と体験。
主催する星空の映画祭実行委員会の「できるだけ、いろいろな人にいろいろな楽しみ方をしてほしい」との思いから、期間中に上映される作品は、話題の新作から不朽の名作まで、洋画・邦画を問わずさまざま。

真夏とはいえ、高原の夜は冷えるので、毛布や防寒着を持参でお出かけください。
また、終映は遅い時間になるので、車以外の交通手段でお出かけの方は、宿泊施設の確保をしてお楽しみください。

★星空の映画祭2018★
7月27日(金)〜8月19日(日)(8/3、4は休映)
開場:19時 (スタート:20時〜)
※雨天決行
(作品詳細、上映スケジュール等は下記ウェブサイトにてご確認ください)

©星空の映画祭実行委員会

【おまけ】星空をきれいに撮影するには?

アラウンド長野エリア別

美しい星空を、写真に残したいという方も多いはず。最近は、星空撮影用のスマホアプリも多数開発され、一眼レフカメラを持っていなくても、美しい星空を撮れる時代になりました。
アラウンド長野のカメラマンに星空撮影の基本を伝授してもらいましたので、参考にしてみてください。

★準備するもの
・広角レンズ(ズームレンズの広角側でもOK)
・三脚(スマホで撮影する場合も必要)
・懐中電灯
・マスキングテープ
・レンズヒーター(ペットボトルヒーターで代用可)、ホッカイロなど
※高原などでは夏場でも夜間は冷え込み、長時間撮影しているとレンズが曇ってくるので、結露しないようにレンズを温めておきましょう。

★星空を撮るためのカメラ(アプリ)側の設定
1_モード…マニュアル(Pro)に変更
2_シャッタースピード「S」…15〜30秒
3_感度「ISO」…800(撮影してみて暗い場合、星が映らない場合は上げる)
4_開放(F値)…一番小さく
5_フォーカスモードをマニュアル「MF」にして、無限遠「山マーク」に合わせる
6_ファイル…RAW
7_手ブレ補正機能…オフ

★星空にピントを合わせるコツ
明るい星にピントを合わせるようにします。無限遠側にリングを回しきった状態から少しずつ元に戻しながら微調整するとピントが合わせやすいです。液晶画面を拡大して確認し、ピントの位置が決まったら、リングが動かないようにマスキングテープなどで固定するとよいでしょう。
撮影してみて、暗い場合はISOを上げます。逆に、街灯などが写り込んで明るくなりすぎる場合はISOを下げ、シャッタースピードも早めにしてみましょう。シャッタースピードは遅すぎると星が線になって映ってしまいますので、様子をみて調整してください。

長野県の星にちなむイベントあれこれ。

アラウンド長野エリア別

今回ご紹介したイベント以外にも、長野県内では、各地で星空をはじめ夏の夜を楽しむイベントが企画されています。
夏休みの予定が決まっている人も、そうでない人も、ぜひ一度チェックしてみてください!

写真提供:うすだスタードーム

Access

国立天文台野辺山宇宙電波観測所

南佐久郡南牧村野辺山462-2
TEL. 0267-98-4300

  • 電車でJR小海線 野辺山駅下車徒歩40分
  • 車で中央自動車道長坂I.Cから約20km 40分
佐久市天体観測施設「うすだスタードーム」

佐久市臼田 3113-1
TEL. 0267-82-0200

  • 電車でJR小海線臼田駅下車 タクシー15分
  • 車で佐久ICから 16km 30分

営業時間:10:00〜22:00
入館料:おとな500円 小・中学生250円
休館日:毎週月・火曜日、年末年始、祝祭日の翌日

星空の映画祭

諏訪郡原村17217-1613
TEL. 0266-74-2681(八ヶ岳自然文化園)

  • 電車でJR中央本線富士見駅下車 タクシー15分など
  • 車で中央自動車道諏訪南I.Cから8.5km約15分

【料金】当日:大人1300円、高校生1000円、こども500円(小・中学生) 
前売券:大人(高校生を含む)1000円、こども500円(販売は7月26日まで)
前売り券販売先:八ヶ岳自然文化園、茅野新星劇場、チケットぴあほか

斜線イメージ
この記事に関連するプラン
星を追いかけて★野辺山高原 星空絶景の旅
おとな 14,000円~21,500円
こども 11,000円~19,500円
アラウンド長野斜線イメージ
この記事を読んだあなたにおすすめ
誰でも空に近づける長野の絶景
野辺山で日本一きれいな星空を見る
天空の楽園!中央アルプス千畳敷カールの絶景
TOP