Newsletter<創刊号> 2022.07.01

   

 

【会員通信】長野県観光機構 Newsletterを創刊します。  

日頃より当機構の事業運営につきまして、ご理解ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、この度機構会員の皆さまに向けて会員通信「長野県観光機構 Newsletter」を毎月お届けすることとなりました。 当機構の活動内容をタイムリーにお届けし、会員の皆さまにお役立ていただける情報を発信して参りますので、是非ご期待ください。 創刊号は、事業内容や職員を含めた各部の紹介をさせていただきます。


▼パブリック事業部(マネージャー:小山 浩一) 

「パブリック事業部でナガノをもっと面白く!」 長野県や県内市町村など主に公的機関との関係性を構築し、県内各地の観光を切り口とした地域づくりを支援するとともに国内外からの誘客促進を図り世界を魅了する観光地域づくりを目指しています。人と人のつながりでナガノをもっと面白く!訪れる人の心に残る地域づくりのお手伝いをしていきます。 事業の内容は多岐にわたります、地域の魅力づくり、フィルムコミッション、学習旅行。復活が望まれる海外誘客、など東京・大阪・名古屋観光情報センターとも連携をとり、事業を進めて参ります。

▼TXデザイン部(マネージャー:佐藤 啓介) 

“TX”とは「T=トラベラー/ツーリスト」と「X=エクスペリエンス」を組み合わせた造語で、旅行者の経験や体験をアレンジし、多彩な体験を味わっていただくことを目指す部署です。特にデジタル領域の知識や経験に長けた人材が集まり、事業者・消費者(観光客)へ向けたサービスを戦略的に提供。「学び多き失敗を歓迎する」というバリューをもとに失敗を恐れず新領域へ挑戦して参ります。

▼CX事業部(マネージャー:石坂 健一) 

今年度より、物産ブランド振興部から「CX事業部」に部署名が変わりました。銀座NAGANO、県外センター(名古屋・大阪)およびECサイト「NAGANOマルシェ」での県産品販売、専門性(専門職・卸)を活かした県産酒類販売を通じ、皆様にワクワクし満足いただける最大限の経験・価値提供を目指すと共に、県産品のブランド力向上、販路拡大、ファン獲得に努めて参ります。

▼コーポレートデザイン部(マネージャー:吉味 秀明) 

今年度、総務経理部からコーポレートデザイン部に部署名を刷新。“組織をデザインし、アップデートする”というミッションを掲げ、戦略的なバックオフィスとしての役割を果たす新たな総務を目指しています。チームメンバーは“一人ひとりが経営者”というValue(バリュー)を最も大切に、職員の意識改革や能力開発など人的資産の向上や業務の効率化を推進し、会員の皆さまのご期待に応える組織づくりを目指して参ります。

▼銀座NAGANO(所長:山浦 義晴) 

東京銀座から信州の「コト」「ヒト」「モノ」をトータルで発信する長野県の活動拠点として、オープンから8年を迎えています。当所は「単なるアンテナショップ」ではないという強い意識を持ち、店舗における商品販売のみでなく、イベントスペースを活用した新商品お披露目会の開催や商品開発中のテストマーケティング、首都圏のオーナーシェフを招へいした商品提案会の開催など、幅広い視点から事業者の皆様を下支えさせていただいております。首都圏にはまだ知られていない商品を売り込みたい、新たなチャレンジをしたいというご要望等がございましたら、銀座NAGANOへご相談ください。

▼長野県名古屋観光情報センター(所長:土屋 孝夫) 

「信州観光復興元年」に長野県がどのような観光プロモーションに打って出るのか、当センターに訪れてくださるお客様や訪問先の旅行会社・メディアの方々からの熱い期待を感じています。 また、コロナ禍でしばらく長野県を訪問できていない方々からは、長野県の物産を購入できる場があることへの感謝が寄せられています。 さあ、巻き返しの年。名古屋に足をお運びいただき、一緒にPRをお願いします。

▼長野県大阪観光情報センター(所長:南雲 康弘) 

大阪と言えば「たこ焼き・食い倒れ」「道頓堀・グリコの看板」「お笑い・吉本興業」等々、とにかく明るく活気がある「商売と人情味あふれる街」というのが私の勝手な印象です。北陸新幹線・金沢~敦賀間の2024年春開業や「大阪・関西万博」の2025年開催などのビックイベントも控えています。京都神戸を含めた関西2,200万人のマーケットに、大阪駅前にある長野県観光情報センターを拠点に、イベントや交流などを通して、信州の魅力・価値を伝え、県内との橋渡しをして参ります。

組織図 

▼会員の皆さまからのお知らせ 

株式会社インテージテクノスフィア 長野事業所様から IT×RPA×人によるアウトソーシングサービスのご案内です。詳しくはこちらをご覧ください。

▼観光機構からのお知らせ 

令和4年度定時会員総会でご紹介しました当機構の現状の取り組みについてのアーカイブ動画ご用意致しました。当日会場にお越しになられなかった会員の皆さまもご覧いただけますので、こちらよりご覧ください。

※会員の皆さまに周知したいPR情報や、取組み事例がございましたら、毎月10日までに、掲載情報提供書こちらのメールアドレスまでまでお寄せください。お寄せいただいた情報は、翌月の会報でご案内いたします。皆さまからの情報提供をお待ちしております!

 

無題ドキュメント