まちなみ探訪

海野宿 道の中央を用水が流れ、その両側に格子戸のはまった美しい家並みが建ち並ぶ海野宿。江戸時代の宿場の建物と、明治以降の養蚕造りの建物がよく調和しながら、歴史を語りかけます。
卯建(うだつ)
「うだつ」には、いくつかの種類があり、江戸時代の「本うだつ」は建物の両側にある妻壁を屋根より一段高く上げたもので、防火壁の役割を果たすことから「火回し」とも呼ばれます。明治時代に入ると、より装飾的な「袖うだつ」も設けられるようになりました。いずれも富裕の家でなければできないもので、ここから「うだつがあがらぬ 」という言葉も生まれました。


※クリックで、より詳細な地図がご覧になれます。(PDF)


海野格子と出桁と気抜きのある家

海野格子(うんのごうし)と出桁(でげた)造り
格子戸のはまった家が続く海野宿ですが、一階の格子戸のほとんどは明治以降に作られました。これに対し、二階格子の多くは江戸時代のもので出格子になっており、長短2本ずつ交互に組み込まれた模様が美しく、「海野格子」と呼ばれます。また、江戸時代の旅籠屋は、一階より二階の方が張り出して造られた出桁造りの家になっています。

気抜(きぬ)
屋根の上に見える小屋根は、「気抜き」といい、明治に入り宿場の町から養蚕の町へと変わった本海野の歴史を語るものです。これは、蚕飼育の保温のため焚いた火の煙出しの「気抜き窓」で、下から紐で引っ張れば開閉できる仕組みになっていました。

白鳥(しらとり)神社
平安・鎌倉時代の豪族、海野氏の氏神であり、その後海野宿の人々の産土神として崇められてきました。春の例祭では、街道に10本の大幟が立ち並び、優雅な浦安の舞が奉納されます。
江戸時代に旅籠屋造りで建てられ、明治時代に広い部屋を利用して養蚕が始められた、旅籠屋造りと養蚕農家を兼ね備えた建物です。
時間:
9:00~16:00
料金:
大人200円/小人100円(団体割引:有)
休み:
年末年始
TEL:
0268-64-1000